IMG_20190106_014214.jpg

YUKIKO MIYAKE  (Painter)

Biography

I was born in Kyoto and now I am a Hyogo based artist and art teacher. I spent my childhood surrounded by kimono as my father had run a kimono shop .This is how I came to enjoy traditional Japanese colors and designs.I eventually went on to study art education in university, and then studied painting in a college of art.Ever since my father died, I began to think deeply about life and death, about human life, and the themes of my work changed drastically.

Women are a common motif in my works, but it’s not just the sexuality of women.I often depict fundamental problems that human beings have faced, such as the problems of life and death, the human body, of oppression and liberation and of femininity.“Anxiety” is also always drawn into my work, and is often a common theme of the work.But I don’t express the theme of “anxiety” as negative. Rather, by facing the negativity of anxiety, I can find a positive energy. I want to create pieces full of energy, which can convert that negativity into something positive.

Within my works, there are many things symbolically drawn, such as flowers, trees and sometimes, even motifs for death. When I start painting, I don’t start with a theme in mind, nor where I should place the motifs on the canvas.I d Rather, I will single-mindedly try to transcribe the complex and ambiguous emotions that well up inside of me.When I finish painting , What appears are those obscure, murky emotions and ominous signs, those ambiguous feelings that surround me are represented on the canvas through colors, lines and motifs. Looking at it, I am startled. Painting allows me to present the complicated emotions that I otherwise could not express with just words alone, as well as the artistic sense from my unconscious self. In a way, it is almost like having a revelation, or something like a sign. My works may then be a mirror reflecting on this world, revealing the emotions that occur in the unconscious mind. Almost like a fortune- teller. I would greatly appreciate if everyone who views my work were also able to feel their own premonition, signs and some unconscious feelings.

私は京都で生まれ、現在兵庫県で活動している画家であり美術教師です。父は呉服業を営み、私は毎日のように着物を見てきました。ですので、わたしは伝統的な日本の色や形がとても好きです。大学では美術教育を学び、その後美術大学で絵画を学びました。父が亡くなってから作品のテーマが大きく変化しました。 そのころから私は生と死や人間の人生について深く考えるようになりました。私は女性をモチーフとして多くの作品を描きます。 しかし、女性性というセクシャリティーだけに特化したものではありません。そこには生と死、抑圧と解放、身体性という人間が抱える根源的な問題を女性を通して描いています。さらに、そこにはつねに不安というテーマが存在し作品のキーワードとなっています。 しかし、不安というネガティブな要素をただ露呈するのではなく そのネガティブを見つめつづけることで ある時から一気に正のエネルギーがわき出す。そのような負から正への転換のエネルギーに満ち溢れたものを描きたいと思っています。そうした私の作品は花や木々、時には死をイメージさせるモチーフなどがシンボリックに描きこまれたものも多くあります。 このような作品を制作する際、はじめにテーマを決め、意図的にモチーフを配置して描くというのではありません。混沌とした感情の中にある何かを 一心不乱に写しとります。描き終えると、そこには不明瞭で混濁した感情や不気味な気配、また周囲の感情までが 色や線、モチーフにより表象化されています。 それを見て、私ははっとするのです。 私にとって描くことは言葉で表せない複雑な感情や無意識下に存在する感性的芸術を取りこぼさず提示することができる手段であると同時に、ある意味それは何かのサイン、あるいは啓示の役割も担っているようです。私の作品は無意識下に起こる感情や過去未来のありさまを啓示するこの世を写す鏡かもしれません。 あたかも占い師のように私の作品を見て頂く皆様にもそれぞれにもご自身の内なる予感やサイン、何らかの無意識下の感情を感じ取っていただけると幸いです。