2017-08-05-02-25-43.jpg

Takeshi Kitamura  (Mixed Media)

Biography

English | Japanese

北村武志は、長野県の静かで小さな町で生まれ、彼の人生における基本はその町で作られた。幼い頃の彼は病弱で入退院を繰り返していた。心臓の治療では薬の副作用で顔が変化したので、親戚の叔母さんは病室に入っても彼が何処にいるのか分からなかった。彼の病室での唯一の楽しみは絵を描くこと。彼はそのことで自己の存在を世界にアピールしていたのだった。そしていつの日からか彼は「命」や「未来」というものに対して興味を抱く少年になっていた。あれから50年。彼は今、人間の顔を描いている。その顔は無表情ではあるが、観る人に何かを語りかけている。歓び・哀しみ・懐かしさ…観る人は描かれた人物の顔を通して、自分の中にある感情を見つけようとする。そして何気ない日常の中にある大切なものに気がつく。これからも彼の描く人間の顔は、「未来への希望」という種を世界に蒔き続けるであろう。


 website kitamura-takeshi.tumblr.com
Instagram https://www.instagram.com/kitatake55/