IMG_1835.JPG

  Sen  (Painter)

Biography

English | Japanese

東京都出身。花田夕子は草花や虫が大好きな子供だった。サルビアやツツジの蜜を吸っては、草笛を作って音を楽しんだ。特に蝶の舞う姿に憧れ、羽の美しさに魅せられ、いつしか自分だけのものしたいと、自然と絵を描くようになる。三十歳の時に離婚、シングルマザーとして二人の子供を育ててきた。両親が他界後、彼女は死を意識するようになる。一つ一つ枷を外したその先に、夢中で蝶の絵を描く子供の頃の自分がいた。意志あるところ方法ありをモットーとし、画家になるべく二年前から本格的に絵を描く。心のままに、そして自由に、彼女は感じるまま抽象画を描く。人生の荒波を乗り越えた彼女の絵には、見る者に癒しと鎮静を与える。