IMG-0749.JPG

Muhyojo ekakist JUNYA  ( illustrator )


Biography

EN

JUNYAが絵を描き始めたきっかけは、保育士試験の実技試験対策の為であった。彼の現在の作家名「無表情絵描きスト」は、試験練習で描いた作品の中に見つけた「自己表現が苦手な自分」の姿が由来である。彼の活動は個展「A Variety Of 無表情(2019)」やグループ展「Intersection 6(2019)」などの作品展示を中心としており、最近は「その場でしか感じられない直感」を作品に吹き込むライブペイントも楽しんでいる。 主に黒ペンとアクリル絵具で生み出される彼の作品は「不気味さ」と「クスッと笑えるポップさ」を見る者に感じさせ、「無表情の奥に隠された感情は何か」を問う。彼は作品に対して2つの望みを持っている。それは自分の作品が「人々が多様な価値観を共有するきっかけ」になること、自己表現に悩む人が自分に合った自己表現の方法を見つけるきっかけになることである。