port.jpg

Kumahigetaro  (Painter)

Biography

English | Japanese

kuumahigetaroは1975年生まれ。両親の営む家具店にあった、民俗絵画・彫刻、骨董品、世界中のプリミティブアートを通じて幻想的な世界への興味を育んだ。大学で神話と民族文化についての幅広い知識を習得することで彼の想像力はさらに豊かなものとなり、それは今の創作活動の源泉となっている。美術大学に通ったことのない彼は2015年から全くの独学で絵を描き始めた。オイルパステルとアクリル絵の具を使った独自の技法を用いることで、幻想的な絵を生み出している。日本の古都である京都で20年以上生活しているため、彼は日本の前近代美術に親しむ機会に恵まれ、俵屋宗達と伊藤若冲を始めとする前近代の作家の作品に強く影響を受けている。kumahigetaroの絵は、日本古典美術のエキゾチックな色彩とプリミティブアートの不思議な線をさらに発展させることを通じて構成されている。彼の絵に登場する妖精たちはその内面世界の象徴であり、目に見えない世界と現実世界とを越境する存在でもある。絵を描くことを通じて彼は、現代人が当然とする日常/非日常の境界を揺るがそうとしているのである。

 

Instagram @kumahigetaro