すべての始まりはJCATに参加したこと。日本の美術系の大学とは無縁な私にこんな話があることに驚いています★Shigeru K★

 
サプリ02.png
 
sk.jpg
 
 

こんにちはJCATです。今秋開催のWe展もご出展が決定しているJCAT アーティストShigeru K (illustrator)さんをご紹介いたします。Shigeru Kさんは一冊の本JCATディレクターの著書 「学校では教えてくれないアーティストのなり方」に付属していた「The Gift of Chance!」に応募たことから海外でのアート活動が始まったそうです。現在ではヨーロッパ・アメリカのアート誌より作品の掲載依頼受ける他、再来年はニューヨークでの個展を開催予定とのこと。継続して発信していくことで着実に実力をつけられていらっしゃいます。

 
 

 
 
Presentation Exhibition SEGNALATI Rome.jpg

7/2から9/14まで
ローマのrossocinabroギャラリー(www.rossocinabro.com)での作品展示を予定しています。

7/5から7/8に「I Segnalati」(by Salvatore Russo)というアート誌に選ばれた記念展示で同じくローマのVelli Palaceで展示を予定。

1. 現在どういったアート活動をされていますか?

今まで生きてきた人生を振り返りつつ、過去から現在までで心に残った時代、場面をデジタル画として表現しながら、日常生活や自然の中にある喜びや感動を見る人と共感できることを信じて作品制作をしています。作品はBehance(アーティスト系SNS)に発表したり、海外のアート誌に掲載させていただいたりしています。また、海外の展示会(イタリア、オーストラリア、ニューヨークなど)にも積極的に参加していこうと思っています。

2. どこで、どいうふうに、なぜ? 

3年前、JCATに参加した後、「JCATのHPのアーティストページで作品を見てすばらしいと思った」といってあるアートBOOKに掲載しないかとお誘いを受けました。その後もフランスやイタリアのアート雑誌に掲載したり、イタリアのマントヴァでビエンナーレに参加したり、フィレンツェでThe International Prize LEONARDO DA VINCIを受賞したりしました。来年はフィレンツェ・ビエンナーレに参加、再来年はニューヨークで個展を予定しています。すべての始まりはJCATに参加したことからはじまっていて、日本の美術系の大学とは無縁な私にこんな話があることに驚くと同時に、改めてJCATのスタッフの方々やいたみありささんに感謝しております。

3. We展ではどういう風に表現されますか?

過去から現在までの心に残る時代と場面を題材として、サイズもモチーフも異なる3つの作品をデジタルイラストで表現したいと思います。

※「学校では教えてくれないアーティストのなり方」(いたみありさ著)の付録「The Gift of Chance!」の応募は終了しております。

 
 
 
 
 


 

“JCAT Director からのメッセージ“

時間が立つのは、本当にあっという間ですね!小林さんのJCATカウンセリングの際に、「退職してからの第2の人生であること」「今までアーティスト活動したことがないこと」をお話されていたのを覚えています。そして現在、アーティストの山を楽しみなから登られている。まだスタート地点に立ってないアーティストたちも多い中、小林さんはこれから海外で活動したいアーティストの見本となっていくのでしょう。感動しながら、サクセスSTORYを読ませて頂きました。素晴らしいシェアありがとうございました。

人生の宝物見つけよう。
夏のWeでお逢いしましょう!

Arisa Itami JCAT Director

 
 

私たちと夏のWe2018に参加したいアーティストは♪www.jcatny.com/up-coming/ まで
⭐️ニューヨークでアメリカンドリームを達成しましょう。あなたの人生が変わります!