IMG_3578.JPG

Hitomi Kayama  ( Painter )


Biography

coming soon

鹿山日登美は猫や花を描くアーティストである。 高校時代は美術部に所属し、卒業後はアートスクールのデザイン科で勉強していた。 2016年からfacebookの友人の猫の鉛筆画を描き始め、一年間に60枚ほど描いた。 翌年、初自身の「猫の絵」展を開き、それをキッカケにモノクロから色彩のある繊細な猫の色鉛筆画を描き始めた。 ノーマル、油性の色鉛筆を使い、ミステリアスで美しい猫の瞳、表情、柔らかな毛並み、また繊細な花の色、形、健気さを表現している。 公募展、主な展示に、2018年日美展(東京)色鉛筆画部門優秀賞、2019年二科展(東京)デザイン部門入選など。 色鉛筆画は温かみがあり、愛情込めて、いつまでも眺めていて飽きない作品を制作したいと努めている。 猫好きに限らず、絵の好きな方に観ていただきたい。