セルフポートレイト.jpg

  Heinä  (Mixed Media)

Biography

English | Japanese

 

彼女は、独特の感覚を持って、自問自答しながら心象風景を自由に描く。「With innocence」それが彼女の作品の根底にあるものだ。
Heinäは、1987年に三重県北部の山の麓、自然豊かな土地で、自由で個性的な感性を持って生まれた。
暇さえあればひたすら絵を描くような子供時代を過ごした彼女にとって、絵を描くことはとても自然なことだった。
幼い頃から絵描きになることを夢見ていた彼女だが、成長するにつれて社会一般の固定観念よって自由に表現することを否定されて、いつしか個性を発揮するような絵を描かなくなっていた。絵を描くことから避けるように、インテリアデザインの道に進んだ彼女だったが、創作することに対する気持ちは抑えることができず、ノートの表紙にコラージュを施したり、オリジナルの図案でファッション雑貨の制作販売をするようになる。その後、彼女は両親の強い勧めもあり、京都造形芸術大学に入学。
彼女は再び絵を描くことと向き合うことになったが、積み重なった固定観念の呪縛から抜け出すことは容易ではなく、苦しい日々が続いた。
そんな中、祖母の死をきっかけに、他者の価値観によって作り上げられる自分という存在に疑問を感じるようになる。
自分に刷り込まれた固定観念が、実は自分にとって取るに足らないものだと思い始め、純粋な自分であることの心地よさに気づき、それを絵で表現することができるようになった。
「With innocence」は彼女の心の叫びであり、最大のメッセージでもある。

Webiste  https://heinakuu-y.tumblr.com
Instagram
https://www.instagram.com/heinakuu_y/