日水サイケデリック.jpg

BYAKKO Mayumi Okubo  (Mixed media)

Biography

English | Japanese

天と地を繋ぐ画家の白光(びゃっこう)として活動する大久保ま由実。東京出身。彫刻家の叔父、大久保隆の影響を受け、幼少より絵を描く。実際に起きた事、視た物、夢に現れたものを元に、「天と地を繋ぐ」絵画を製作する。

一人旅で世界中の美術館を周り、本物の芸術に触れる中、水墨画に魅せられ、中国の美術大学、中国美術学院へ留学し、墨の表現や線の芸術の真髄を学ぶ。帰国後、東京の新国立美術館で水墨画展に出展。佳作を受賞。

311を機に福岡へ移住。それから「お守りアート」という一人一人の結界となる絵を名刺サイズで描くようになり、人々の幸福を祈り、今まで200名以上の方々に描いてきた。

 現在は、「水のなかに絵を描きたい」と浮かんできた表現を、何層にも重ねた樹脂で澄んだ水や水に写る幸福の光、輝く独創的なアート作品を発表している。そして大切にしている事は人々に幸せをもたらす形や絵「吉祥」の形霊を絵に込めている。作品に宿る光を帯びたエネルギーは水の国、日出づる国、日本人ならではの表現となっている。2019年はNY、ドバイ、スペインでの絵の展示が決定し、勢力的に活動してる。


Webiste https://mayumieux.wixsite.com/byakkou
Instagram https://www.instagram.com/byakkou358
Facebook https://www.facebook.com/mayumi.matsuzaki.18