「学なり」メソッド 第八回目: アーティストになるために知っていきたい4つの事柄

JCAT ディレクター「いたみありさ」が海外でアーティスト活動するための秘密教えます★

bq.jpg
 

アーティストのみなさん!いたみありさです。

楽しく元気にアーティスト活動していますか?「学なり」メソッド第8回目です。

「海外でアーティストとして生きていくには何が必要か?」

にフォーカスした秘密のメッセージをここニューヨークから発信していきたいと思います。

「アート制作のスキルはなくてもいい」という大事なセオリーを今回は伝えたいと思います。
 

あなたは自分というアーティストを理解していますか?

今回の学なりでは、自分と向き合うことをそして人に世界中に伝えたいことを考えてみることにフォーカスしました。

アーティストのみなさん

どきどき

ワクワクして下さい★

それでは「学なり」メソッド第八回目です!


 

「アート制作のスキルはなくてもいい」

絵筆がないなら、手で描けばいい。ルールなどない。アートヒストリーの偉人たちに敬意を表すが、あなたが彼らの技術を真似したから

といって、彼らになれるわけではない。アーティスト志望者のレベルは年々あがっている。しかし、皆が右に倣えをしたら、普通よりも少

し上手い絵描きや彫刻家、写真家が生まれるだけだ。



第4部に続く。。。

 

★海外での展示の際の役立つ情報やアーティストとして生きていくための情報が満載です。
「学校では教えてくれないアーティストのなり方」http://amzn.asia/50xSDXQ