「学なり」メソッド 第四回目:「”Reality of Art” いい作品を作っても、それだけでは売れない。」

JCAT ディレクター「いたみありさ」が海外でアーティスト活動するための秘密教えます★

unnamed (7).jpg
 

アーティストのみなさん!いたみありさです。

楽しく元気にアーティスト活動していますか?
「学なり」メソッド第4回目です。

「海外でアーティストとして生きていくには何が必要か?」
にフォーカスした秘密のメッセージをここニューヨークから発信していきたいと思います。

あなたは何故アートを作るのですか?

この答えは、あなたしか持っていなので、あなた以外はだれも答えられません。

あなたは自分だけのために、アートを作りますか?

それならば、展覧会などせず、誰にも見せずに、自己満足で作品を作ればいいですよね。

今、「もしアートが料理だったら?」どうでしょう。

アーティストのみなさん!

どきどき
ワクワクして下さい★


それでは「学なり」メソッド第四回目です!


 

「アートを買うのはあなたじゃない」

食べてくれる人がいてはじめて料理になるように、アートは料理と似ている。

私はあなたのアートを欲しいと思う人がいて初めてアートになると思う。

いい作品を作っていても、誰にも見せることがなければそれはアートではなく自己満足である。

そしていい作品というだけでは売れないのは、その料理をどうして食べてもらいたいのか?

どこでどうやってどういう風に誰に食べてもらいたいか ? を考えないからである。

今のあなたのような考えをもったシェフが、料理を出すレストランにあなたなら足を運ぶだろうか ?

考えてみて欲しい。もしあなたがシェフだったら、、、?

 

★海外での展示の際の役立つ情報やアーティストとして生きていくための情報が満載です。
「学校では教えてくれないアーティストのなり方」http://amzn.asia/50xSDXQ