Biography

As a child, Akko liked to draw and admired manga artists. She discovered fashion in her adolescence and began sketching clothing designs and studying apparel design. After doing graphic and web design work, she lived in India for 5 years from 2010. In India, she became fascinated with curved lines and the splendor of plant motifs in block prints, henna tattoos, and mandalas. Akko studied art under a South African-born teacher and learned the joy of having art within her reach.She has a natural interest in the strength, kindness, and purity of animals and the beauty of plant design, and mixes them together with a unique, feminine sense.

動物、植物などの命ある被写体が放つ
ポジティブなオーラ、「生命に宿る強さ、美しさ」を表現。

画家として創作活動をする一方で、
企業ロゴや広告、Webデザインなどを手がけ、
グラフィックデザイナーとして活躍。

インドへの長期在住経験から、ヘナタトゥーや曼荼羅と出会う。
生命が放つエネルギーや美しさをグラフィカルに表現したアート文化に惹かれ
画家としての活動をスタート。

曲線を生かしたウォールペイントや
ヘナタトゥーが好評で、
全国各地への出張のほか、
2018年にはNYギャラリー出展、
2019年には東京国際アートフェアー出展も果たし、
今後は独自の感覚に、日本文化や日本美術も取り入れた作品作りをしていきたいと思っている。