Yuji Mizushima (Painter)

Biography

English | Japanese

水嶋裕司は人間について、人生について描きます。彼は幸せ不幸せ、過去未来、男性女性など相反するものは二つで一つだと考えます。彼は1978年、日本の兵庫県の田舎町で産まれました。彼は成長するにつれて、自分のアイデンティティについて真剣に考え始めました。何かで補わなくてはいけない、そんな思いでアートを始めました。しかし、自分一人でアイデンティティは完成しません。自分が創ったものを見た人が喜んでくれる、その瞬間だけが満たされました。彼にはアートが必要であり、アーティストとして認められたいと思うようになりました。美術大学を卒業後、彼は夢を追って都会の東京へ出ました。上手くいかない現実、人の優しさ、見果てぬ夢、いろいろな経験をしました。そしてそれらが作品に表れ始めました。少しずつ作品を発表して、それを見た人が喜んでくれるようになりました。彼は少しだけ自分自身になれたように感じ、喜びました。水嶋裕司の作品は一見ポジティブのようであり、ネガティヴのようでもあります。それは、一人の人間がいろいろな経験から形作られているように、彼の作品もまたそれらで形作られているからです。彼は今もまだアイデンティティについて考えています。自分が表現したもので人と繋がりたい。自由に生きたい。縛られたくない。彼にとってアートとは自分らしく生きるための手段なのです。彼のアイデンティティが完成する日は来るのでしょうか...?