Yasmin (Craft Artist)

Biography

English | Japanese

ヤスミンはベリーダンス講師であり、2012年からヘナアーティストとしても活動しています。ヘナアートは浄化のボディアートとして古来より中東・北アフリカなどの地域で受け継がれてきましたが、彼女はその美しい伝統をボディアートに留まらない形で発信したい、と考え、キャンドルへの絵付けを始めました。市販のキャンドルでは、表現できる形に限界があると思い、彼女はキャンドルアーティストのmaSmi先生(NPO法人キャンドルアーティスト協会理事で、作品はフランスのギャラリーでしか販売されていません。)の元で手作りのキャンドルを勉強し、2014年10月にスクールを卒業して同協会の認定キャンドルアーティストとなりました。ヤスミンは、キャンドル土台の側面と上面にヘナアートを描きます。側面と上面では、描くヘナアートの意味合いが異なります。側面は、観賞用の、目で見て楽しむデザイン。そして、上面は、心で観るデザインです。上面に描いたヘナアートモチーフは、キャンドルを点灯しロウが溶け出すと、その中にゆっくりと沈んでいきます。キャンドルの炎に照らし出され、溶けた透明なロウの中で光るヘナアートは、観る人の心を静けさで満たします。キャンドルを見つめる自分だけが全ての、真に贅沢な時間です。