TOMOYA ONOUE(illustrator)

Biography

English | Japanese

1976 年福岡県筑紫野市にて生まれた尾上智也は、子供の頃から継続的に絵を描き続け現在に至る。日本デザイナー学院卒業後、現在グラフィックデザイナーとして 17 年間勤務し、主に紙媒体のデザインをメインに活動中。彼自身のブログにて、休まず漫画を描き続けると自身の成長の名目のもとに6 年間ほぼ休まず描き続ける独創性を売りにした奇想天外な絵を得意とする。主にアクリル絵の具とペンを使った細かなタッチでのイラストを制作している。一見、人を遠ざけるような絵だが、どこかに何かしらのアクセントがある。そのアクセントは時に「キュートなもの」、時に「笑いを提供するもの」、そんな人の心を動かす要素をどこかに必ず入れ込むことを心がけている。そのアクセントを例えるなら、戦火の中に優しく咲き誇る一輪の花である。現代人は自らが作り上げた社会のルールに従い、ロボットのような生活を過ごし、時間に追われながら、必死に生きようとする人間で溢れかえっている。その中には少なからずストレスを抱え、生きる喜びさえも感じられない者もいる。彼もまさにその中の一人であることを強く感じており、そんな人達に奇想天外で固定概念を一切無視した絵を提供し、その絵の中にあるアクセントを感じ取ってもらうことで、「冒険心」「童心にかえる」「希望を持つ」等、少しでも自分らしさを見いだしてもらう、または何かを変えるきっかけになってもらえばと思っている。

〈OUCHI GALLERY 主催〉

2013 年「THE 8TH 100 ARTISTS EXHIBITION」参加

2014 年「THE 9TH 100 ARTISTS EXHIBITION」参加

〈RECOVER & REBUILD Japanese art & design 主催〉

2014 年 MONSTER Exhibition 2014 in NYC 参加