TAKASHI (illustrator)

Biography

English | Japanese

生まれも育ちも宮城県のTAKASHIは、理系出身から漫画家を目指す33歳。幼少時に科学館にあった巨大恐竜の化石を見て大きな衝撃を受け、科学好きの少年に育った。理系大学に進学。民間企業で病原菌検査員を経験。打ち込んでいたスポーツは空手とテニス。一方で彼は科学図鑑に載っていた恐竜、戦闘機、宇宙などのダイナミックなイラストにも興味を持ち、自ら絵を描き始めた。程なくして、日本の漫画やゲームに影響を受け、サイエンスフィクションや格闘アクションを盛り込んだ漫画イラストを同人誌即売会やグループ展で発表してきた。伝えたいことは「魂を揺さぶる衝撃感」。31歳で持病から理系分野をリタイアしてしまったが、その挫折から救ったのは絵だった。思えば他人から与えられたタスクばかりをこなすのみで、少年時代に学んだ武士道を忘れていた。本当に挑戦したいことから避けていた自分に恐怖と焦りを感じた。32歳の時、自分自身を取り戻すため参加した東京デザインフェスタ2014で、人生初のライブペイント。ピンチに直面してもチャンスは来ない。変革するかしないかである。作品が放つ迫力と鑑賞者の励ましに、勇気を貰った。やりたいことは、好きにやればいいということを思い出した。少なくとも自分のアートを見た人だけでも、逆境や挫折から打ち勝つため行動して欲しいと思う。