Arisa Itami | Founder
1998年に日本を離れ、ジャズシンガーとしてニューヨークへ渡る。2008年、モダンアートの発祥地であるブルックリンで、「アートを生活の一部に」というコンセプトのもと、多くのアーティストとの出会いをきっかけに、アートギャラリーの設立を決意。その後、9年間、ニューヨークのブルックリンにて『Ouchi Gallery』を運営し、若いアーティストに表現活動をする場所とチャンスを提供している。2008年には、アフリカ、ナイジェリアの子供たちに、「紙一枚で作れるアート」の折り紙を教えるためのOrigamiプロジェクトを自ら企画し、アフリカに滞在した。2012年にはカナダにて開催、同年にイタリアにて開催、同時にイタリアで100人のアートエキシビジョンを開催している。また2014年に始まったJapanese Contemporary Artists Team (JCAT) in New York のディレクターでもある彼女は、日本人の若いアーティストたちがアーティストとして世界へ踏み出す手助けをしている。自身のアーティスト活動としては、2007年、アトランタのコカ・コーラ博物館の壁画チームに参加。 2014年、「学校では教えてくれないアーティストのなり方」はアマゾンの芸術教育でベストセラーを獲得した。また現在もボサノバ シンガーとしてブルックリンを拠点に活動中。

Saaya M | Artist advisor
大学時代に映像や演技、ダンスなどのエンターテイメントの世界を学ぶ。そこで多くの人が一生懸命夢を追う姿を見て、人の夢を叶える仕事をしたいと決意。卒業後はダンス活動と平行して、専門学校の就職指導の職に就き、様々な人の夢を叶えてきた。その傍ら、ダンスでは数々の舞台やバックダンサーを経験。2016年4月にダンス留学を目的にニューヨークに渡り、同時にOuchi galleryでアーティストのサポート活動も始める。

Yuki Kano | Artist advisor
東京に生まれ、父の仕事の都合で幼少期は中国の北京や上海でも過ごした。東京と中国のアメリカンスクール、インターナショナルスクールに通い、様々な文化に触れて育ってきた。絵を描くのが得意な父と手芸好きな母を持ち、幼い頃からアートやデザインに興味を示していた。高校からアメリカに留学しBFAでLong Island Universityを卒業。その後はニューヨークでの個展やグループ展に参加し、香港や韓国、釜山でのアートフェア等にもに出展している。現在はOuchi GalleryでJCATのアーティストアドバイザーとして仕事をしながら、自分もアーティストとしての活動を続けている。

Konmasa | Web developer/ photographer
Konmasa is a New Yorker photographer. He used to be a fashion designer; in 2014, he changed his career path and chose to become a photographer based on his rich photographing experiences. Oftentimes he takes pictures of NYFW's runways, parties, portraits, and product shoots. At work, he always wears tank-top and gloves in order to represent his unique elegance-meanwhile-punk style. He now is known as a “tank-top Photographer”.