Midori McCabe (Painter)

Biography

English | Japanese

日本に生まれ、四季折々の美しい自然を存分に味わった幼少時代、みどりはその自然の持つ色彩と形に強い印象を受けた。家庭では、母親から書道を学び、ひらがなの持つ柔らかで流れるようなオーガニックなラインをことさら好んだ。ある夏、母親は、彼女を、知り合いの現代アーティストのスタジオに連れて行った。彼のアトリエは大小の絵画で溢れており、その中でも特に、彼の抽象絵画の持つフォルム、テクスチャーの豊かさに感動した。それは、海からの砂をふんだんに使った作品で、生まれて初めて見る創造性の世界に足を踏み入れた彼女は、その後プライベートレッスンを受け始めた。さらに、ピアノと、13歳からの声楽の勉強は、生涯にわたる、総合芸術への愛の基盤を作り上げた。その後、海外の色々な国を訪れたり住んだことで、様々な芸術的な影響を受けた。ロンドンでは、海外のアーティストとの付き合いから、より明るい色使いや、異なるアイディアを学び、友人のアーティストとともに、アートジュエリーも探求した。その後、手作りのジュエリーのブランド「Della London」を作った。ブランド名は、イラクからロンドンに亡命した仲良しのクルドの友人の名前からとった。ロンドンから帰ってきた彼女は、自分の作品を東京の7つの店に置いてもらうことができ、しばらくジュエリーの制作も続けた。その後、アメリカに渡り、絵画の制作活動に専心。2009年からは、イタリアのナポリにある会社、クワランタロカテリのシルクスカーフ(Art Foulard)のラインに自分の作品のイメージを提供し始め、それがきっかけでイタリアでも、アーティスト活動を進めた。現在はカリフォルニアにスタジオを持ち、製作には、四季折々のカリフォルニアの美しい自然とその透明な光が主なインスピレーションの源になっている。少女時代のように、頻繁に海や森に出かけては、波や雲、植物の色彩、あるいはその細部の動きや形状などを見つめる。心に焼き付けた自然のオーガニックなラインやフォーム、色彩は、自由にのびのびとキャンバスの上で表現したいと考えているし、常に尊敬と憧れの気持ちで自然と向き合っている。アーティスト活動としては、過去に2年間にわたる、カリフォルニアのグーグル本社の個展をはじめとして、シリコンバレー、ニューヨーク、及びイタリアのギャラリーやアートフェアー、ルーマニアで行われたビエンナーレなどが中心になっている。彼女にとって、創造性に境界はなく、いつも新しい試みに挑戦したいと考えている。


Website   http://www.midorimccabe.com