MASARU MATSUI (Craft Artist)

 

Biography

English | Japanese

1961年 京都市中京区生まれ。
1983年 京都市伝統産業功労者である叔父・武田勝義の下に就くことで引箔と出会う。引箔に関する知識を徐々に習得し、引箔のデザインや制作プロセスに「ものづくり」の楽しさを見出す。 その中でも特に漆の魅力に引き込まれ、以降は主に漆と本金箔を使った引箔を作風とする。2004年 経済産業大臣指定伝統的工芸品「西陣織」製糸部門(引箔)の伝統工芸士に認定登録。川島織物や長嶋成織物をはじめとする京都西陣織の多くの箔帯に作品が採用されているほか、引箔の素晴らしさを広く知ってもらうために、全国各地で漆と本金箔を使った引箔の実演も積極的に行っている。 また、伝統技術を守り伝えることを願い、引箔だけにとどまらず、現代的な作品など他方面にも創作活動を広げるため、2013年に「漆箔工芸 京都Azula」を設立。2012年には「DEAGU ART FAIR 2012」(韓国 大邱)に出品するなど、日本の古典的技術を世界の人々と共有することで引箔の多様性を引き出す創造を続けている。