Jun Kawashima (Painter)

Biography

English | Japanese

川島 潤は1981年米軍基地のある東京福生市に生まれた。福生市にはアメリカンな文化と日本の文化が長い間あり、2つの文化が混ざりあって多くのア

ーティストを惹きつけていました。彼は多くのアーティストが住む米軍ハウスタウンの一角で子供の頃を過ごす。彼が住んでいる街のクリエイティブなものは、彼のアイデンティティの起源である。彼の叔母がデザイナーであった影響で彼はアーティストとして生きる姿勢に憧れ、そして彼は絵を描き始めた。彼はウォーホルやバスキアの日常の物や感情をモチーフとした絵画に衝撃を受けた。そして、彼は日々野克彦のダンボールアートが好きだった。また小さい頃から彼はミニ四駆やプラモデルで遊び、今日に至るまで様々な日本のおもちゃを集めることが好きである。彼は自分の周りにあるおもちゃをモチーフとして描き、子供の頃から親しみのあるダンボールや梱包用のクラフト紙を画材として使い、昔の楽しい記憶を見ている人に呼び起こさせるような絵を描きたいと考えている。また近年彼はライブペイントを行っている。彼は大きな画面に絵を描くことで絵の中へ入ることが可能な感覚になる。口下手なので彼は言葉ではなく視覚芸術で自分の内面を伝えている。時として彼は自分自身がキャラクターとなり画面の中で存在する。宇宙や海底のような好きな画面に入ることで彼の心は絵の中で開放される。一方で、川島家絵画倶楽部の名義で彼は家族と共にワークショップを行い描くことと作ることの楽しさを伝えている。彼はアートの可能性を追求している。