JCAT Artist Interview - Mayumi Ikejiri - 後半

 

前回のインタビューが好評だったので、パブリックオープンになりました⭐︎

 

Mayumi Ikejiriさんのインタビュー前半はこちら

JCAT アーティストの Mayumi Ikejiri さんのインタビュー(後半)

この面接を含め、メールを送るところから私が心掛けたことがありました。それは、JCATディレクターのいたみありささんのご著書「学校では教えてくれないアーティストのなり方」の中の一節、「ギャラリーとアーティストは恋人のような関係」(P.31,P.107)というものです。それが念頭にあるので、面談中もおのずと相手を理解しようという姿勢になっていたのだと思います。最初は強面だった責任者さんも、途中から恵比寿様のような笑顔で企画展への想いをお話してくださるようになりました。のみならず、企画展初参加の私に、展示方法や百貨店側の希望価格など、経験に基づく具体的なアドバイスもしてくださいました。先生というのは学校の外にもいらっしゃるのですね。いたみさんをはじめ、ギャラリーのスタッフさん達やこの責任者さんのような、その分野の専門家が先生になってくださるなんて、世界はなんて優しくありがたいのでしょう。この感動と感謝の気持ちを力として、約一か月で新作の原画を9点、私の歴史であるベルリンとニューヨークに展示した作品を、その経歴も明記の上、各一点ずつ用意し、合計12点を壁に掛け、グッズを製作し、当日を迎えました。
「日本での販売、待ってたよー!」と多くの方が駆けつけてくださり(はるばる県外からも!)、初日から何万円もする絵が売れました。「壁売りの絵は売れない伝説」(先輩作家さん談)を覆し、それが話題となって他ブースの作家さんも遊びに来てくださり、お友達が増えました。それどころか、作家活動の必需品についてアドバイスまでくださった先輩もいらっしゃったほどです。かの責任者さんも折に触れて訪れてくださり、さりげなくアドバイスをくださったり、絵が魅力的に見えるように照明器具の角度や個数を工夫してくださったりしました。

web.jpg

たくさんの感動を共有したこの企画展で、アーティストとして育てていただいたと感じたエピソードがあります。それは「あなたが描いているならば、原画がほしい」と、手にしておられた複製画を置いて、0がひとつ多い価格の原画をご購入いただいた経験です。購入後、Facebookをフォローし、いいね!やコメントをくださる等の流れを目の当たりにし、これが前出の本にあった「あなた自身を愛する人たち(熱血ファン)」(P.189)なるものが生まれる流れなのだな、と思いました。その時の私は、ただ目の前の方に心を開いて一緒に楽しくお話をしていました。その経験からも、私達にできることは「最高の自分純度で在ること」と言えるような気がしています。作家と心が通うような経験をなさった方にとっては、絵はインテリア小物ではなく、バカンスで訪れた浜辺で拾った貝柄や、お孫さん作の折り紙を見た時に感じるような、ハッピー・ヴァイブスを誘発するような性質を持つのかもしれません。

海外で活動してみたいと思っているけれど一歩が踏み出せていないアーティストの方々に一言お願いします。

私は平面地図ではなく、まるっと「地球」という感覚で海外を意識しています。私達は多様性からなる仲間だと。とはいえ、言語や文化の違い等、不安に足がすくむこともありますよね。しかし、そこをサポートしてくれる人達が必ずいます(JCATの様に)。彼らと素敵な関係を築き、芸術の懐で共同創造する。そうして豊かな人生を歩むのだと肚を決めた時、喜びから一歩を踏み出せるのではないでしょうか。共にアーティストとしての人生を謳歌しましょう。

29f0c0d8-c9c8-41ef-af58-9c278f66fd1a.jpg

************************************************************************************

日本人現代アーティストチーム
"Japanese Contemporary Artists Team in New York"
略して「JCAT」




山登りを何の準備もせずに登ることは困難であるように、海外へと一歩踏み出しアーティスト活動を拡大する上でも何が必要で、どういう考えを理解しなければならないのかを自らの足で経験をつみながら準備進めることがJCATでは大切だと考えています。

日本から踏み出す一歩を、自分自身・そして自分のアートと向き合い
一緒に考えていきましょう。
メンバー参加に興味がある方は
審査フォームよりご連絡お待ちしています。

************************************************************************************

★自立したアーティストとしての山登り、あなたは何合目ですか?
ーぶっちゃけ海外でアーティストとして生きていくってどういうこと?アーティストへ
のインタビュー記事も掲載!

Postcard_gakunari-4-2.jpg

amazon ベストセラー美術教育部門に選ばれました!

JCATディレクター いたみありさ著
「学校では教えてくれないアーティストのなり方」

http://www.amazon.co.jp/dp/4861132231