vol.17 JCAT Artsit 齊藤智仁 毎週届く謎の郵便?!ユニークなプロジェクトで ニューヨークへ挑戦中!

Hi Artists,

ニューヨークは夏真っ盛り。
野外での音楽イベントや映画上映など短い夏をエンジョイする人々で盛り上がりをみせています!

街を歩いていると、気持ちの良い風が吹く中公園や川沿いで、絵を描いている人を近頃よく見かけます。アートの秋へ向けて羽を伸ばして作品制作を進めるアーティストも多いようです。

さて、本日はそんなニューヨークの地でアーティスト活動を進めるべく、クラウドファンディングを行っているJCATアーティストの挑戦をご紹介です!

現在目標金額も達成し、プロジェクト拡大に向けて勢いをみせているプロジェクトとは?!
 


JCAT Artsit 齊藤智仁
毎週届く謎の郵便?!ユニークなプロジェクトで
ニューヨークへ挑戦中!

齊藤さんご自身、また応援してくれている仲間たちと始めたプロジェクト。
「123」という数字を用いてアートを作り上げていく彼の作品、彼のアーティスト活動をニューヨークへと飛び出たせるべく、クラウドファンディングでスタートさせました。

そのプロジェクトは、『作品を謎の郵便として届けていく』という少し変わった内容。

作品を一枚の用紙にコピーし、

それを窓付きの封筒にいれて、

作品が窓から見える状態で、ニューヨークの様々な場所に送っていくという企画です。
気の遠くなるような極小文字「123」によって描かれる彼のアート作品をたくさんの人の目に触れさせることが目的というこの挑戦。もちろん最初は捨てられるかもしれない、結果がどうなるかも分からない。けれどやってみたい、挑戦してみたいという強い思いでプロジェクト始動に踏み切った彼。

現在、目標金額を無事達成し、更なるプロジェクト拡大に向けて活動行っています。
何かを挑戦する一歩、考えを実際に経験としていきたい彼の歩みをJCATスタッフ一同応援中です!
無事目標金額を達成させ、山登りを進める彼のプロジェクトを是非チェックして見て下さいね。
★詳細プロジェクトページ★  http://camp-fire.jp/projects/view/2963#menu


シンプルに伝えたい思い、彼の作品の特徴、プロジェクトの内容が伝わるページになっており、今後プロジェクト始動を考えているアーティストの皆さんに何か参考になるかと思います。

JCATメンバーの皆さん、仲間の挑戦をチェックしてみて下さいね!
 

JCAT Artist:  TOMOHITO SAITO 齊藤智仁


 JCAT Exhibition 2016 参加メンバー

 Portfolio:
http://jcat-ny.com/portfolio/tomohito-saito
 Instagram: https://instagram.com/s.tomohito/
 

また、現在JCATではコラボレーション企画第2段の開催にあわせて追加メンバーの審査を行っています。
*JCATコラボレーション企画第2段*

ファッションとデザインの合同展示会Room31にて、
食xアートをテーマにした作品展示に参加したい JCATフォトグラファーを募集!!

*JCATメンバーへのアーティストコールとなります。


日本のアーティストで構成されるJCAT。様々なチャンスを展開すべく様々なプロジェクトも指導中です!世界に羽ばたくチャンスはここから。


 


 あなたもそのチャンスを掴んでみませんか?
 


 興味がある方は審査フォームよりご連絡お待ちしてい
 ます。








  

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
★自立したアーティストとしての山登り、あなたは何合目ですか?
ぶっちゃけ海外でアーティストとして生きていくってどういうこと?アーティストへのインタビュー記事も掲載!

JCATディレクター いたみありさ著 「学校では教えてくれないアーティストのなり方」
http://www.amazon.co.jp/dp/4861132231

************************************************************************************

”Japanese Contemporary Artists Team in New York" 略して「JCAT」

山登りを何の準備もせずに登ることは困難であるように、海外へと一歩踏み出しアーティスト活動を拡大する上でも何が必要で、どういう考えを理解しなければならないのかを自らの足で経験をつみながら準備進めることがJCATでは大切だと考えています。

日本から踏み出す一歩を、自分自身・そして自分のアートと向き合い一緒に考えていきましょう。
メンバー参加に興味がある方は審査フォームよりご連絡お待ちしています。

************************************************************************************