vol.3 100 Artist Exhibition

 

Hi Artists,

ようやく長い冬をこえ、春がニューヨークにもやってきました。先週末より春日和な天候が続いています。

今年は長く厳しい冬だったので、春の訪れは本当に嬉しいですね。
日本はまた少し寒い日が続いているとお伺いしましたが皆さんアーティスト活動は如何でしょうか?

さて、これから桜も満開へと向かうNew York, Brooklyn。
そんなBrooklynに根付いて、第10回目の開催をこの6月に迎える100人展。

本日はアニバーサリー記念回となる第10回100人展のアーティスト特別追加募集に合わせて、少し今までの歴史をご紹介したいと思います。

まだ応募していない日本のアーティストの皆さん!
7名限定で追加募集スタートしますよ!応募はこちら

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

100 Artist Exhibition
Brooklynでスタートして5年。
ついに第10回アニバーサリーを迎えます。


多くのアートと共に歩んだその道のりとは?

           

100 Artist Exhibitionをスタートしてからはや5年。多くの日本人アーティストの作品をブルックリンという街で紹介してきました。

2010年1月に始めた第1回100人展から今まで多くのアーティスト、多くのゲスト達とアートを生活の一部として楽しむ時間を共有しています。

第4回100人展"LOVE"では、この日の為に準備を重ねて公開プロポーズを開催。
来ていたゲストの方と手でアーチを作ってアーチの先で待ち受ける彼氏からプロポーズ。

  


第5回100人展"Black & White"では、アーティストに好きな方を選んで作品を制作してもらうと共に、来てくれたゲストの方にも好きな方を選んでリストバンドをつけてアートを楽しむ仕掛けも演出。
 

第6回100人展”East & West”では、イタリア、モルフェッタにて場所を移して開催。
日本とイタリア、そしてニューヨークを繋ぐ展覧会となり地元の多くのゲストと一緒にアートを楽しむ100人展となりました。



その後第7回〜9回までは本拠地Brooklynへと戻し、地元Brooklynに根づきゲストが開催を楽しみに待ち構える展覧会と成長を遂げています。





【第9回100人展の様子】
 

そして今年6月、アニバーサリー記念を迎える第10回100人展。

テーマは "Tokyo"

2020年にオリンピックの開催も決まり、益々世界から注目を集める街 ”Tokyo”
その街をアーティストが、アートを表現したらどのような作品が生まれるのか。

世界からみれば憧れの街”Tokyo”
日本で東京に住んでいるアーティストだからこそ見える別の視点
東京へと憧れを抱く気持ち
別の町を通して見る東京

”Tokyo”への様々な視点、感情をアートで表現していませんか?

現在、7名限定で追加募集を行っております。
応募締め切りは4月31日(火)です。
*人数が埋まり次第、募集終了となります。

When : 2015年6月12日(金)〜6月28日(日)
Where : Ouchi Gallery in NewYork  ( 170 Tillary st Ste 105 Brooklyn, NY )
What : テーマ 東京(Tokyo)
Who : アーティスト限定100名
Fee : 参加費$150(日本円でお支払い可能です。)

About : 

この展示会は、毎年世界中の100名のアーティストの作品をそれぞれ1点づつ展示するという企画です。来年の100人展のテーマである「 東京(Tokyo) 」に 沿って作られた100人の作品を展示致します。世界各国から国籍、文化、性別、芸術性の異なるアーティストたちが、お互いに意見やアイデアを共有し、受け 入れることの出来る機会であり、100人展は様々な背景を持つ人々と交流することの出来る場として、地元ブルックリンでは愛されているイベントです。

Ouchi Galleryは、日本の若手アーティストが世界に踏み出し、活躍する手助けをしていきたいと強く願い、活動しております。100人展は世界の注目するニューヨークのアートシーンをアーティストによって作り上げられる場です。今回のテーマである「 東京(Tokyo) 」は、東京オリンピックに向けてアートサイドから見る東京を表現しています。

 

Awards :
 

最終審査で参加者の中からZank & Mas賞3名が選ばれ、受賞者には2016年以降のOuchi Gallery Space 1 (1名)Space 2 ( 2名)での個展の権利が得られます。


 

 


興味があるアーティストの皆さん。

この春ブルックリンで作品発表できるラストチャンスです!

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
★自立したアーティストとしての山登り、あなたは何合目ですか?
ぶっちゃけ海外でアーティストとして生きていくってどういうこと?アーティストへのインタビュー記事も掲載!

JCATディレクター いたみありさ著 「学校では教えてくれないアーティストのなり方」
http://www.amazon.co.jp/dp/4861132231

************************************************************************************

”Japanese Contemporary Artists Team in New York" 略して「JCAT」

山登りを何の準備もせずに登ることは困難であるように、海外へと一歩踏み出しアーティスト活動を拡大する上でも何が必要で、どういう考えを理解しなければならないのかを自らの足で経験をつみながら準備進めることがJCATでは大切だと考えています。

日本から踏み出す一歩を、自分自身・そして自分のアートと向き合い一緒に考えていきましょう。
メンバー参加に興味がある方は審査フォームよりご連絡お待ちしています。

************************************************************************************