vol.12 The 10th 100 Artists Exhibition "Tokyo"

Hi Artists,
 

一年に一度のビッグイベント100人展がついに開催!

今回で記念すべき10回目を迎える100人展。今回のテーマは「Tokyo」ということもあり、たくさんの日本人アーティストが参加されました。

例年たくさんのニューヨーカーが足を運ぶこの100人展。さまざまなアートで表現された「Tokyo」にアート好きなニューヨーカーも興味深々のようでした。

参加型イベントや、北海道のコーヒー「森彦」の初NY試飲イベントなど、盛りだくさんだった第10回100人展の様子をレポートします!

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
 

The 10th 100 Artists Exhibition "Tokyo"


   



6月12日にOuchi Galleryで開催された100人展。

当日は開場前から外で並ぶ列ができるほどの大盛況。ニューヨーカーの期待も大きいようです。
オープンしてわずか5分後には大勢の来場者で溢れ、ギャラリーは熱気に包まれていました。

来場者はアートや音楽を通じ、人との出会いを楽しみ、新しいコミュニティーを作っているよう。
ただアートを見るというだけでなく、アートが人を繋ぐきっかけになる。
こうやってアートがニューヨーカーの生活の一部になっていくのだと感じる瞬間です。




LIVE PERFORMANCE のトップバッターを務めた、西浦琉さんの太鼓パフォーマンス。


「Tokyo」をテーマにしたアートたちと、太鼓の音が一体となり、会場を包み込んでいました。アートや音楽には国境なんてない。そんなことを実感できる空間でした。

他にもニューヨークを拠点として活動するアーティストが華を添え、会場は大盛り上がり。来場者は各々音楽とアートに酔いしれ、この一瞬しか味わえない高揚感を楽しんでいるようでした。


 

  

  


今回の100人展に参加されたアーティストの方々も日本からお越しいただき、ご自身のアートの説明をしたり、来場者と会話を楽しんだり、100人展を一緒に盛り上げてくださいました。

日本に住んでいてもアートを通じて、他の国の人と繋がっていくことはできます。少しだけ勇気を出して一歩踏み出してみてば、思っているよりも世界は遠くないのかもしれませんね。

 
  ここで毎年行われる参加型イベントをご紹介。
  ◇今回はドットシールを用いたイベント

 1)好きなアートにドットを貼ってもらう
 投票式のコンテスト。 

 2)自分の持っている色のシールをボードに貼り
 参加者でアートを作るというものでした。
 



毎年行われているこのようなイベントは100人展ならでは。今回投票式だったこともあり皆さんのアートを見る目もより一層真剣だったのではないでしょうか。(どれも素敵なアートだったので、票は結構バラついていました。笑)


また今回、北海道で作られているコーヒ「森彦」の試飲会がニューヨークで初めて行われました。北海道の大自然から生み出される繊細な味わいに、ニューヨーカーも舌鼓を打っていました。日本の素晴らしいものがこのようにニューヨークに進出していくのは、ワクワクしますね。
 

      



2016年初旬、100人展に続くもう一つのビッグイベントが誕生!
その名も、 JCAT Exhibition 2016

日本のアーティストで構成されるJCAT。日本人アーティストが世界に羽ばたくチャンスです。



 あなたもそのチャンスを掴んでみませんか?
 現在JCAT Exhibition 2016、追加メンバー公募中です。

 興味がある方は審査フォームよりご連絡お待ちしてい
 ます。






  reported by IKULA

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
★自立したアーティストとしての山登り、あなたは何合目ですか?
ぶっちゃけ海外でアーティストとして生きていくってどういうこと?アーティストへのインタビュー記事も掲載!

JCATディレクター いたみありさ著 「学校では教えてくれないアーティストのなり方」
http://www.amazon.co.jp/dp/4861132231

************************************************************************************

”Japanese Contemporary Artists Team in New York" 略して「JCAT」

山登りを何の準備もせずに登ることは困難であるように、海外へと一歩踏み出しアーティスト活動を拡大する上でも何が必要で、どういう考えを理解しなければならないのかを自らの足で経験をつみながら準備進めることがJCATでは大切だと考えています。

日本から踏み出す一歩を、自分自身・そして自分のアートと向き合い一緒に考えていきましょう。
メンバー参加に興味がある方は審査フォームよりご連絡お待ちしています。

************************************************************************************